CONTENTS

『SEO 動き』 最新ツイート

@SEO_inshoku

グルメサイトを含む各メディア一つにコスト・労力を投入しても、流動的なユーザーの動きに完全には対応出来ません。弊社では広告面におけるリスクヘッジを推奨しております。https://t.co/HjU8AnBg8C

23分前 - 2016年08月30日


@SEO_inshoku

流行りのソーシャルメディアを使って集客を図る、ある意味においては正解と言えるでしょう。しかしそれではインターネット上の流動的なユーザーの動きには対応出来ません。必ず取りこぼしが発生します。https://t.co/HjU8AnBg8C

2時間前 - 2016年08月30日


@renren6927

@saniwa_seo や、それほんと先に言えって話ですよね…。良かれと思ってやったにしても、なんで連絡が後回しになってんだよって話ですし、そもそも連絡したのかさえ怪しいとこですよね…( ˘ω˘ )自分の知らないところで勝手に金銭の動きあるの怖いですよね…;;

5時間前 - 2016年08月30日


SEOで順位変動を狙う正統派の方法

SEOで順位変動を狙う正統派の方法

ブログを作成する場合、希望としては1ページ目の一番トップに来ることですが、そのためにはSEO対策をしておかなければなりません。
対策としてはキーワードや文字数などいろいろとありますが、一番大事なのはそのブログの内容になります。
コピペは論外だとしても、ほかの人のブログと似たような内容になってしまう場合や自分自身で作ったブログと同じような内容になってしまう場合には評価は高くなることはありません。
あくまでもその内容がオリジナルの物であることが大前提で、しかもその内容が興味深い・役に立つことが重要です。
その結果、読者も思わずほかのページもじっくり見てしまうぐらいのものあれば言うことはありません。
最初の2,3か月で上位表示は難しくても、徐々に順位変動をしていき、2ページ目に表示されていたものが、1ページ目に表示されるようになります。
この方法だと自然に被リンクが増えることになりますので、ベストな方法と言えますが、その一方でこの方法自体がとても難易度が高いため実践するのが難しいという問題点があります。
そこで、サテライトサイトを作成してそこからメインサイトに被リンクを張ります。
この時のポイントは2つあり、一つはサテライトサイトも内容がしっかりしたものであること、二つ目は被リンクの数を不自然に増やしすぎないことです。

知っておくべきSEO対策アルゴリズム

SEOとはSearch Engine Optimization の略称である特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に表示されるように自身のウェブページを書き換える事で、検索されるキーワードをタイトルやページ先頭に使用したり使用頻度を上げる事等を基本的な手法としています。
しかし、中には検索エンジンスパムと呼ばれる、ネチケットに反する方法でSEOを行うウェブページも一方で多数存在します。
そこで検索エンジン側もこれに対抗するために種々のアルゴリズムを組み込んでいます。
今回はそれらの中でも最も有名なパンダアルゴリズムというものを紹介したいと思います。
名前の由来についてはウェブページの内容の善し悪しをパンダのように白黒つけることからとった等の説があります。
検索エンジンスパムによって作られたウェブページは一般的にコンテンツが役に立たない無意味なものであることが多いです。
従ってパンダアルゴリズムはそういった中身の無いウェブページを検索結果の上位に現れることを防ぐように機能します。
具体的には「ウェブページ内に重複した内容が多い、もしくはページの内容の大部分が外部ページのコピー」、「コンテンツがプログラムによって自動生成されたもの」「ページのほとんどを広告が占めている」といったものは無内容なページとみなされます。
これからウェブページを作るという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

SEO関連リンク

Googleがアルゴリズムを変更する目的とSEOの役割

SEO HACKS公式ブログ

理解して、納得してから出来る、成果報酬型SEO会社

成果報酬型SEOを依頼